上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
馬体は、だんだんと本格化してきた感じですね‥。

競馬ブック フォトパドック

スタミナタイプなので、厳しくないレースのここは善戦で、
厳しいレースの皐月賞本番で来るような感じもしますが、
それじゃ~、G1は出られないんでしょうね‥。

キズナとヘミングウェイ
2頭の血統は甲乙付け難く、
今回の馬券は、人気の無さそうなヘミングウェイで行くかもです。
すいません‥(汗)

【弥生賞】キズナ 反撃態勢整った!佐々木晶師は「抜群だね」

キズナは馬場が荒れた後半の坂路で4F55秒0~13秒2。
ラスト1Fでスランジバール(4歳1000万)を3馬身突き放した。
佐々木晶師は開口一番、「抜群だね」。
そして「前走(ラジオNIKKEI杯2歳S3着)は仕上げに失敗。
体が太かった(492キロ=4キロ増)し、悪いことが重なった。
放牧を挟んで馬が大人になり、遠慮なくコースで追える。巻き返せる」
と反撃を期す。

(2013 2/28 Sponichi Annexより抜粋)


今回は先行じゃなく
中団での競馬を試すと思ったが、
そうでもないのかな‥。

ここは飛んで本番は来る‥というパターンかなと思ったり‥。

【チューリップ賞】クロフネサプライズ 前々でしぶとさ生かす

クロフネサプライズは坂路で4F55秒8~13秒1。
先導役のカシノグリップ(3歳未勝利)を瞬時にかわして4馬身先着した。
4F55秒8、1F13秒1。
阪神JF2着時の最終追いにも騎乗した酒井(レースは武豊)は
「本当にいい。見せムチだけで気持ち良く伸びた。
時計もまだ詰められる」
と絶賛。
田所師は「一生懸命走るようになったし雰囲気は引き続きいい。
スタートのいい馬なので前々の競馬になる。
しぶとさで、ねじ伏せてほしい」。
前哨戦から口調は熱かった。

(2013 2/28 Sponichi Annexより抜粋)
スポンサーサイト
2013.02.28 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://twodayzhiro.blog73.fc2.com/tb.php/1526-767f35b0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。